よくあるご質問 →プライバシーポリシー

ムコ多糖たんぱく質とは

「ムコ多糖たんぱく質」とは、細胞と細胞をつなぐネバネバ物質で、コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸、ヘパリン等といった様々な種類があり、身体のいたるところに存在している身体の基礎物質です。

この物質は、スポンジのように非常に保水性が高く、特にムコ多糖の主成分とされるコンドロイチン硫酸は、1g中に500mL、ヒアルロン酸1g中に6Lの水分をも保持する力があります。

よくあるご質問一覧へ